facebook

ガミラスホテルはこの地方で初めての洞窟ホテルとして、1999年にオープンしました。豪華に修復、設計された33室の洞窟の客室の当ホテルは、カッパドキアの中心地ウルギュップに近いアイワルキョイに位置しています。

ビザンス帝国時代の隠れ修道院だったホテルは5000年前から続いてきた精神から遠ざからないで、昔ながらの村の中で、驚くほど美しい自然、安らぎとモダンな快適さをゲストに提供しています。

ホテルの一部は、1000年前はキリスト教の修道僧によって使われていました。カッパドキア地方で、建物の内に11世紀のビザンス正教会がある唯一のホテルです。修道院の台所であったところがホテルのキッチン、僧達が食事をしていた部屋が現在のレストランです。一部の客室は修道僧が隠遁していた小部屋でした。

カッパドキアのローマ時代のプールをイメージした設計の屋外プールも2010年にオープンしました。ガミラスホテルがある場所には2世紀にローマ人たちが住んでいた痕跡が発見されたので、当時を反映する古代ローマ風のプールを設計いたしました。

プールの広さは74㎡、底からのヒーティング システム、深さ1.40m、その一部は子供用です。谷間の景観や1000年前のビザンティン遺跡を眺めながらごゆっくり一日の疲れを癒されるのはいかがでしょうか。